広告

【Webライターの始め方7つ】副業初心者が月3万稼ぐコツを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webライター 初心者
ミホミホ@埼玉在住のブロガー&Webライター
福祉関係職員
・初心者Webライターに向けて発信中
・2022年11月3日ブログ開始
・ブログ開始1ヶ月でGoogle検索1位獲得
・2023年3月~Webライターとして活動開始
・元ハウスメーカー社員
・得意ジャンルは不動産
・文字単価2.4円のWebライター
・新日本プロレスの大ファン
悩める女性

Webライターを始めたいけど、どうしたらいいの?

そんなあなたの疑問に応えるために、この記事では「Webライターの始め方」について、具体的かつ分かりやすく解説しています。

以下3つが、Webライターを始めることにより得られるものです。

Webライターとして得られるキャリア3つ
  • 在宅ワークとしてのスキル
  • 副業収入を得られる
  • ライティングやSEOなど新しい知識の習得
ミホミホ

しかしどのように始めればいいのか、どんな準備が必要なのか、初心者のみなさんは疑問や不安を感じていますよね…

この記事を読むことで、Webライターとしての第一歩を踏み出すための明確な道筋が見えてくるでしょう。

あなたの新しい活動のスタートに、ぜひこの記事をお役立てください。

目次

Webライターの仕事内容とは?

Webライターの仕事内容について解説します。

Webライターは、Web上に掲載される記事を作成する仕事です。

これには、企業が運営する自社メディアに掲載されるコラム記事やSEO記事、商品やサービスを見込み客にアピールするセールス記事などが含まれます。

ミホミホ

文章を書くという点では紙媒体のライターと似ていますが、Webライターは特にインターネット上での読者を意識した内容が求められます。

Webライターは幅広い内容のWebライティングを行います。

Webライター 始め方

Webライターの仕事は基本的に「パソコンを使って文章を書くこと」です。

記事の依頼主から指定されたテーマ、文字数、内容に沿って記事を書きます。

Webライターに必要なスキル・知識
  • 基本的なパソコンスキル
  • リサーチ力
  • 構成力・文章力
  • コミュニケーションスキル
  • SEOの知識
  • 著作権の知識
悩める男性

知識なんて無いよぉ・・・

ミホミホ

大丈夫!最初は知識が無くても、経験していくうちに身につきます!

Webライターとしての仕事は、自宅で行うことが多く、場所にとらわれずに働けるメリットがあります。

また、過去の経験やスキルを活かすことができ、人間関係のストレスから解放されることもあります。

ただし、Webライターの仕事はきつい面もあり、特に初心者は安定して稼げるまでに時間がかかることがあります。

次に、Webライターを始めるメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

Webライターを始めるメリット・デメリットを紹介

Webライターを始める際のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリットデメリット
自宅で働ける
副収入が得られる
スキルが身につく
始めるハードルが低い
安定して稼げるまでに時間がかかる
自己管理能力が必要
収入が不安定
Webライターを始めるメリット・デメリット

以下で詳しく解説していきますね!

メリット①自宅で働ける

Webライターの大きなメリットの一つは、自宅で働けることです。

これは、時間や場所にとらわれずに仕事ができるという意味でもあります。

自宅での作業は通勤時間の削減につながり、プライベートな時間をより多く確保できるようになります。

また、自分の快適な環境で集中して作業できるため、生産性の向上にも寄与します。

メリット②副収入が得られる

Webライターとしての活動は、副業としても適しています。

副業にしやすいというメリットがあり、本業と並行して収入源を増やすことが可能です。

特に、時間を自由に使えるため、本業の空き時間を利用して副収入を得ることができます。

メリット③スキルが身につく

Webライターとして働くことで、文章力やリサーチ能力、SEO知識など、多岐にわたるスキルが身につきます。

これらのスキルは、他の職種やビジネスにも応用可能であり、キャリアアップにも役立ちます。

メリット④始めるハードルが低い

Webライターとしての活動は、未経験でも始めやすいというメリットがあります。

特別な資格や経験が不要で、基本的なパソコン操作ができれば、誰でもスタートできます。

デメリット①安定して稼げるまでに時間がかかる

Webライターのデメリットとして、安定して稼げるようになるまでに時間がかかることが挙げられます。

初心者の場合、単価が低いことが多く、実績を積み重ねて単価を上げるまでには一定の時間と努力が必要です。

デメリット②自己管理能力が必要

自宅での作業は自由度が高い反面、自己管理能力が求められることもデメリットです。

仕事の進行管理や時間管理、モチベーションの維持など、自分自身でコントロールする必要があります。

デメリット③収入が不安定

Webライターの収入は、案件の量や単価によって大きく変動します。

そのため、特に初心者やフリーランスとして活動している場合、収入が不安定になりがちです。

次に、Webライターの始め方について詳しく見ていきましょう。

【7日間無料トライアル】クラウド型検索順位チェックツール【Nobilista】

Webライターの始め方7つのステップ

Webライターとしての活動をスタートするための、7つのステップを紹介します。

Webライター 始め方

Webライター初心者向けに、簡単に上記の図にまとめてみました。

以下で詳しく解説しますね!

1. 作業環境を用意する

Webライターとして働くためには、適切な作業環境の準備が必要です。

これには、安定したインターネット接続、快適な作業スペース、必要なソフトウェアやツールが含まれます。

快適な作業環境は、生産性を高める上で重要です。

2. クラウドソーシングサイトに登録する

次に、クラウドソーシングサイトに登録します。

これらのサイトは、Webライターとしての仕事を見つけるための主要なプラットフォームです。

登録後、プロフィールを充実させ、自分のスキルや経験をアピールすることが重要です。

クラウドソーシングサイトの登録方法は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

3. 案件に応募する

クラウドソーシングサイトで案件を探し、応募します。

初心者は、小規模な案件から始めることがおすすめです。

悪質な案件に注意し、信頼できるクライアントを選ぶことが重要です。

ミホミホ

私も悪質な案件に引っかかったことがありますが、単価が安すぎる・反対に高すぎる案件や、クライアントの身分がよくわからない案件は注意です。

4. テストライティングを行う

多くのクライアントは、正式な仕事を依頼する前にテストライティングを求めることがあります。

これは、ライターのスキルを確認するためのもので、真剣に取り組むことが大切です。

5. 受注し記事を作成する

案件を受注したら、指定されたテーマやガイドラインに従って記事を作成します。

品質の高いコンテンツを提供することで、将来的により良い案件を獲得するチャンスが増えます。

ミホミホ

案件獲得おめでとうございます!

6. 納品する

記事が完成したら、納品します。

納品前には、文章の校正やチェックを念入りに行い、クライアントの要求を満たしていることを確認してください。

7.継続案件を獲得する

一度の成功が次の機会につながります。

良好な関係を築き、継続的な案件を獲得することを目指しましょう。

信頼性と実績を積むことで、より良い条件の案件を得ることができます。

次に、Webライターを始める際の注意点について詳しく見ていきましょう。

Webライターを始めるときの注意点

Webライターとして活動を始める際には、いくつかの重要な注意点があります。

悩める女性

どんなことに気をつければいいの?

ミホミホ

徹底的に解説していきますね!

最初は稼げないことを理解しておく

Webライターとしての活動をスタートする際、最初は文字単価が低い仕事が多く、それほど多くの収入を期待できないことを理解しておく必要があります。

悩める男性

最初から楽に稼げないのか・・・

ミホミホ

お金を稼ぐことは、簡単なことではないんですよ!

経験を積んで徐々に文字単価を上げていくことで、収入アップを目指すことができます。

Webライターはビジネスであることを理解しておく

Webライターとして活動することは、ビジネスであるという認識を持つことが重要です。

お金をいただく以上、プロのWebライターとして、クライアントに価値を提供する責任があります。

プロ意識を持ち、品質の高いコンテンツを提供することが求められます。

ミホミホ

初心者だってクライアントにとってはビジネスパートナーなので、失礼のない対応を心がけましょう!

Webライターを始める目的や目標を明確にしておく

Webライターとして成功するためには、始める目的や目標を明確にしておくことが大切です。

目標を持つことで、モチベーションの維持や方向性の確立に役立ちます。

また、自分の得意分野や興味のある分野を見つけ、それに沿った案件に応募することも重要です。

次に、初心者が案件を得るために実践すべきことについて詳しく見ていきましょう。

【7日間無料トライアル】クラウド型検索順位チェックツール【Nobilista】

初心者が案件を得るために実践すべき5つはこれ!!

Webライターとして初心者が案件を獲得するためのコツを紹介します。

Webライター 初心者

どういうことなのか、次の項目で詳しく解説していきます♪

プロフィールを作り込む

クラウドソーシングサイトでのプロフィール作成は非常に重要です。

自分のスキルや経験、興味のある分野を明確に示し、クライアントに自分をアピールすることが大切です。

プロフィールは、クライアントがあなたを知る最初のステップなので、丁寧に作成しましょう。

提案文は読み手のことを考えて作る

案件に応募する際の提案文は、読み手であるクライアントのニーズを理解し、それに応える内容であることが重要です。

クライアントが何を求めているのかを考え、それに対する解決策を提案する形で書くことが求められます。

実績がゼロならサンプル文章を作る

実績がない初心者は、サンプル記事を作成することが有効です。

「自分はこんな記事が書けます!」とクライアントにアピールするための材料として、サンプル記事は非常に役立ちます。

自分の得意分野や興味のあるテーマでサンプルを作成し、スキルを示しましょう。

ブログを作って実績にする

自分のブログを作成し定期的に記事を投稿することも、実績作りに役立ちます。

ブログは、あなたのライティングスキルや専門知識を示すポートフォリオとして機能します。

また、SEO対策やマーケティングスキルも身につけることができます。

募集開始まもない案件に応募する

募集開始直後の案件に応募することも、案件獲得のコツの一つです。

新しい案件は競争が少ないため、受注の可能性が高まります。

また、迅速に応募することで、クライアントに対する積極性をアピールできます。

次に、Webライターで副業として月3万円を稼ぐコツについて詳しく見ていきましょう。

Webライターで副業として月3万円を稼ぐコツ3つ

Webライターとして副業で月3万円を稼ぐためのコツを紹介します。

ミホミホ

難しくないので、1つずつ攻略していきましょう!

文字単価1円以上の案件に応募する

月3万円を稼ぐためには、文字単価が1円以上の案件に応募することが重要です。

文字単価が高い案件を選ぶことで、少ない労力でより多くの収入を得ることが可能になります。

案件を選ぶ際には、自分のスキルや経験に合ったものを選び、効率的に作業を進めることが大切です。

自分のブログを開設・活用する

自分のブログを開設し、定期的にコンテンツを投稿することも、副業としての収入を増やす一つの方法です。

ブログは、あなたのライティングスキルを示すポートフォリオとして機能し、将来的に高単価の案件を獲得するための実績となります。

また、ブログを通じてアフィリエイト収入を得ることも可能です。

クラウドソーシング以外で仕事を探す

クラウドソーシングサイトだけでなく、他の方法でも仕事を探すことが重要です。

例えば、SNSやブログ、オンラインコミュニティなどを通じて直接クライアントにアプローチすることも有効です。

また、既存のネットワークを活用して仕事を探すことも、新たな案件獲得のチャンスを広げます。

Webライターが月に3万稼ぐのにかかった期間

ランサーズで、Webライター限定で『月3万円稼げるようになるのにどのくらい期間がかかったか』アンケートを取ってみました。

大半の方が、半年くらいかかっているのがわかります。

ミホミホ

私も月3万円達成するのに、5か月かかりました。
コツコツ頑張っていきましょう!

【10人にアンケート】Webライターが月に3万稼いだときに頑張ったこと

アンケートを取った10名のWebライターから【月3万円稼いだときに頑張ったこと】について聞いてみました。

ミホミホ

みなさんも参考にしてみてください!

先輩女性

稼働スケジュールを時間毎にしっかり組んで、毎日そのスケジュール通り執筆を行うようにして頑張りました。

先輩男性

平日と週末少しずつ時間を確保するようにしたことがポイントです。
また、自分の得意分野案件を探して集中しました。

先輩女性

実績がない状態で案件をいただくための提案文の作成をしました。

先輩男性

自分の得意ジャンルにこだわらず、できそうなライティング案件の募集には片っ端から応募しました。

先輩女性

私の場合複数のクラウドソーシングサービスに登録してポートフォリオを作成し、自分を売り込んでいました。

先輩男性

半年間は休日の土日のほとんどをwebライターとしての活動の時間に充てていました。

先輩女性

高額の依頼を出してくれる発注者さんのフォローを増やしておいて、すぐ対応できるようにしておきました。

先輩男性

文字単価0.5円で、1000文字程度の継続案件を受注して、一日に2~3本をひたすら納品しました。

先輩女性

とにかく、1記事の料金が高めの案件に応募し作業をしました。

先輩男性

複数のクラウドソーシングサイトに登録し、文字単価の高い案件を日々丁寧に探しました。

Webライターを始めるときのよくある質問

Webライターを始める際に、多くの人が持つ疑問に答えます。

ミホミホ

視覚的にわかりやすいように、画像を作成してみました!

Webライターを始めるのに文章力やセンスは必要?

Webライターは主婦や大学生でもなれる?

Webライターの仕事は大変?

まとめ|Webライターとしてのキャリアを始めよう!

Webライターとしての活動を始めると、自宅での柔軟な働き方や副収入の可能性・新しいスキルの習得など、多くのメリットを得られます。

項目詳細
メリット自宅で働ける、副収入の可能性、スキル習得
デメリット安定収入までの時間、自己管理能力、収入の不安定さ
始め方のステップ作業環境の準備、クラウドソーシングサイトへの登録、案件への応募
初心者の案件獲得コツ充実したプロフィール、提案文の工夫、サンプル記事の作成
副業での稼ぎ方文字単価1円以上の案件、自分のブログの活用、仕事の多角化
よくある質問文章力の必要性、主婦や学生でも可能、仕事の大変さ
Webライターの始め方

しかし、安定して稼ぐまでの時間や自己管理能力の必要性などのデメリットも理解しておく必要があります。

この記事では、Webライターとしてのキャリアを始めるためのステップや初心者が案件を獲得するコツ、副業としての稼ぎ方とよくある質問について詳しく解説しました。

ミホミホ

Webライターとして活動をスタートさせるための参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次